おせち(御節)料理~百貨店、老舗、人気ホテルの味わい豊かなこだわりお節全国宅配受付中

おせち料理に合う焼酎

スポンサードリンク

焼酎のお湯割りについてご紹介しましょう。

焼酎の飲み方の定番ともいえるお湯割りは、「焼酎6:湯4」(通称:ロクヨン)を基本とする見方があります。この比率で25度の焼酎をお湯で割ると15度になり、一般的な清酒のアルコール度数に近づきます。

しかし、お湯割を作る際の焼酎と湯の最適な比率は、焼酎の種類や銘柄の違いによるところが大きいようです。単に比率にこだわるよりは、焼酎それぞれに応じて、自分がおいしいと思える比率を探し出すのも楽しみ方の一つです。

ちなみに、グラスには先に湯を注いでから、次に焼酎を加えるのが基本の流儀となっています。これに従えば、かき混ぜなくても比重の関係でうまく湯と焼酎が馴染むと言われています。また、出来上がった時の温度は40℃前後が、最も豊かな香りと旨味を感じられる可能性が高いとも言われています。

おせち料理には焼酎がとても合います。

>>> 焼酎アドバイザーが厳選した焼酎をご紹介!【酒蔵(さけぐら).com】
icon

酒蔵(さけぐら).com

とっておきの『夢見る力』芋焼酎をご紹介!『夢見る力』人気No.1!!

プレミア焼酎買うなら酒蔵(さけぐら).com

>>> 「もう他の焼酎は飲めない」と大絶賛!【幻のプレミア麦焼酎】


◆焼酎のおいしい飲み方
お湯割り、水割り、ロック、ストレート、燗、などさまざまな呑み方がありますが、呑み方は自由が基本です。自分の好みに合わせて自分流のスタイルで呑むことができるのが焼酎の魅力でもあります。今回は、その中でも代表的なお湯割、水割り、ロックの呑み方を簡単にご説明します。

(1)お湯割り
あらかじめお湯(80度程度)を入れたグラスに焼酎を注ぐ。割合は焼酎6:お湯4がいいとされていますが、好みで調整してください。
(2)水割り
焼酎を入れたグラスに静かに水を加える。割合は好みにより焼酎6:水4から5:5まで。自分の好みの割合を探してみましょう。
(3)ロック
なるべく大きめの氷をグラスに入れ、焼酎を注ぐ。香りとストレートに近いのみ始めから、氷が溶け薄まり水割りになる、味の変化が楽しめます。


◆芋焼酎の原料
芋焼酎の原料と言えば、言わずと知れたサツマイモです。甘い香り、ふくよかな味わい、そして独特のコクは、ここから生まれます。芋焼酎の原料として一般的に多く使われているのが「黄金千貫(コガネセンガン)」と「ジョイホワイト」です。

黄金千貫は、でんぷん量が多く、甘く香ばしいという特性を持っています。この特性が芋焼酎に見事に反映され、柔らかな味と風味に仕上がるのです。また「ジョイホワイト」は、芋焼酎専用の芋として登場しました。黄金千貫よりも皮も身も白く"さわやかに酔うことができる"という意味で、この名前がつけられたそうです。

酒蔵(さけぐら).comの赤芋焼酎『妖精の吐息』は、焼酎の本場宮崎県串間特産の赤芋を使用した本格芋焼酎。やさしい芋の香りと、芳醇でふんわりとした飲み口が特徴です。

現在、芋焼酎の原料には多くの品種がありますが、それぞれの個性が異なり、その個性が微妙な味わいの違いを醸し出しています。それぞれの芋の味の違いを楽しめるのも芋焼酎の特徴です。

>>> 焼酎アドバイザーが厳選した焼酎をご紹介!【酒蔵(さけぐら).com】

プレミア焼酎買うなら酒蔵(さけぐら).com

>>> 本格芋焼酎 「虹の露」
icon

スポンサードリンク

>>> 2013年大丸★お節特集★先行予約10%OFF!毎年ご好評の「おせち」が始まりました icon
2013年おせち特集<先行予約>|大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: おせち料理に合う焼酎

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/199


RSS2.0