おせち(御節)料理~百貨店、老舗、人気ホテルの味わい豊かなこだわりお節全国宅配受付中

おせち(御節)料理の由来

スポンサードリンク

正月にはおせち(御節)料理はかかせませんね。そもそもおせち料理の由来とはどういうものなのでしょうか?

中国大陸から伝わった暦の上の節目のことを「御節」といいます。すなわち季節の変わり目などにあたる節日(節句、「せちにち」のことをよぶ)のことをあらわします。このようなお祝いの際に作られるめでたい料理のことを、「御節料理」と呼んだのです。祝事をこの節日に行い、お祝い膳を作って皆でかこんで食べたということでしょう。

昔より正月元日(1月1日)は重要な節日とされ、山に帰った田の神を呼び戻すためにお祝いの行事が行われました。

また古くは、「新年には神様をお迎えした際に、家の台所を騒がせてはいけない」ということで、作り置きの正月の料理をあらかじめ用意したことにはじまるようです。「台所を騒がせない」とは、女性を休めることに意味があるので、特別家庭での手作り料理を用意しないといけないというわけではありません。

そのため昔から保存することができる料理をあらかじめ用意して新年を迎えることが風習として残りました。あるいは、お煮しめのような保存食を用意して、いつも食事つくりで多忙な女性を正月三が日には休めるように、という配慮からはじまったともいいます。

最近ではデパートや有名レストランや老舗料亭などのおせち料理が大変人気があり、通販やインターネットでも注文されることが増えてますね。

通常おせち料理は新年を迎えた正月に「いただきますが、北海道などの一部の地域では、昔の名残りで大晦日に食べる習慣も残っているようです。

ただし本来おせち料理は「年を迎える」お膳として、大晦日に食べるものであったといいます。しかし、現在ではほとんどの日本の地方では元日~3が日にかけていただくようになっています。

スポンサードリンク

>>> 2013年大丸★お節特集★先行予約10%OFF!毎年ご好評の「おせち」が始まりました icon
2013年おせち特集<先行予約>|大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: おせち(御節)料理の由来

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/63


RSS2.0