おせち(御節)料理~百貨店、老舗、人気ホテルの味わい豊かなこだわりお節全国宅配受付中

おせち(御節)料理の内容

スポンサードリンク
御節料理の内容は4つあり、その基本は、お屠蘇、祝い肴三種(三つ肴)、雑煮、煮しめで構成されます。またある地方によっては、三つ肴、雑煮、煮しめの中身が変わってきます。

おせち料理のそれぞれの料理は、酢に漬けたり、味を濃くしたりるあるいは火を通す、干し物を利用したりと、日持ちする物が多く使われています。最近では、食品の保存技術も著しく進歩したので、生ものや珍味など、いろいろな料理を重箱に詰めて提供されています。 またおせち料理のことを詳しく記した地図のことを俗に「おせ地図」ともいうそうです。

通常、献立のすべてを御節料理とはよびません。すなわち重箱詰めされた料理のみをおせち料理といいます。このことはおめでたいことを「重ねる」という意味で「重箱に詰める」ので、縁起をかついでいるのです。このうち、三つ肴と煮しめは、重箱に詰めて供される。また「雑煮もおかわりをする」のが縁起をかつぐという意味で大変良いことされています。

平安時代後期には、火の神である荒神を怒らせないため、正月には台所で火を使うことを避けるという風習がありました。これはすなわち正月には台所仕事をしないことを意味します。さらに、女性にはお祝い時の正月くらいは家事・仕事を休ませるという意味もあるのです。

最近では、お節料理を自宅では作ることが少なくなったようです。そのため既成の詰め合わせのお節料理を、百貨店、有名レストラン、料亭、食料品店、インターネット他で購入する人たちがかなり増えています。

スポンサードリンク

>>> 2013年大丸★お節特集★先行予約10%OFF!毎年ご好評の「おせち」が始まりました icon
2013年おせち特集<先行予約>|大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp


RSS2.0